鉛筆講座 鉛筆塗り絵 桐谷美玲 その2

DSCN1701.jpg

髪の毛の描き方

髪の毛が苦手と言う人が意外と多いようです。
そもそも人間の髪の毛は10万本以上あるそうですがそれを描こうと思うと気が遠くなります。
しかし、髪の毛を束で考えるとそれほど多くありません。
ひと房ごとに描いてゆけば意外と簡単です。

DSCN1637.jpg


前回、鉛筆の線の引き始めを『入り』、線の引き終わりを『抜き』と説明しました。
この『抜き』を使って髪の毛の先端を表現します。

天使の輪
天使の輪と言われる髪の光沢をつけるとアクセントになりますし立体的な表現が出来ます。
描き方はやはり『抜き』で→ 逆方向からも『抜き』で←。
→余白← このように余白部分が天使の輪となります。



DSCN1639.jpg

髪の毛の光沢
髪の毛の光沢の付け方は天使の輪とほとんど同じです。
主に光が当たる場所は凹凸で考えると凸部分です。
それを頭に置いて髪の毛の光沢をつけると良いです。


Category: 絵画講座