鉛筆講座 鉛筆塗り絵 桐谷美玲 その3

前回は髪の毛の描き方で天使の輪や髪の毛の光沢について触れました。肌の質感でも『プラスとマイナスの話し』をしましたが、色をつけて行くのがプラスとするならばマイナスとは鉛筆で描いた部分を消すのがマイナスです。髪の毛の描き方も全く同じです。描きすぎたり塗り過ぎたりした部分に消しゴムを掛けてマイナスして調節します。この場合の消しゴムはペンタイプの極細のものに限ります。髪の毛の光沢や天使の輪は消しゴムで作る...続きを読む >

鉛筆講座 鉛筆塗り絵 桐谷美玲 その2

髪の毛の描き方髪の毛が苦手と言う人が意外と多いようです。そもそも人間の髪の毛は10万本以上あるそうですがそれを描こうと思うと気が遠くなります。しかし、髪の毛を束で考えるとそれほど多くありません。ひと房ごとに描いてゆけば意外と簡単です。前回、鉛筆の線の引き始めを『入り』、線の引き終わりを『抜き』と説明しました。この『抜き』を使って髪の毛の先端を表現します。天使の輪天使の輪と言われる髪の光沢をつけると...続きを読む >

鉛筆講座 鉛筆塗り絵 桐谷美玲 その1

桐谷美玲 このようにトレースであれば誰でもコツさえつかめば写実的に描く事が出来ます。今回は『ねずみんちゅ。』あおむし303さんから髪の毛の描き方のコツを説明して欲しいとの事で桐谷美玲ちゃんを例にして何回かに分けて説明して行こうと思います。※広瀬すずちゃんを予定していましたがボブヘアーよりロングの美玲ちゃんがモデルの方が良いと思い変更しました。髪の毛を1本1本表現しようとするとバラけたトラ刈りのような髪...続きを読む >

鉛筆講座 鉛筆塗り絵 石原さとみ その5

※ トレース  写真の上から直接、輪郭などを写し取ったもの。  漫画やイラストなどの背景ではトレースしパースをつけて使用される。初心者にデッサンの面白さを知ってもらうために行う場合もある。しかしトレースではデッサンの力や画力はあがらない。特に鉛筆デッサンでのトレースは力にならないため『自分の力で描く!』事をお勧めします。トレースした場合、元写真を重ねれば各部位が一致するためすぐ分かる。似顔絵のトレ...続きを読む >

鉛筆講座 鉛筆塗り絵 石原さとみ その4

女性芸能人を写真のように描く動画の種明かしはトレースだっただけの話しです。トレースならコツさえつかめば誰でも写実的に描けるようになります。問題はトレースなら『トレース』と表明するなり表示するなりしないと胡散臭いです。売名行為のために視聴者を騙しているように思えます。トレースした場合、質感に力を入れる事が出来ますので、どなたでも写実的に描く事が出来ます。石原さとみの鉛筆塗り絵はずっと前に完成していま...続きを読む >