コップと水さし 完成!

コップと水さし 色鉛筆画 A4サイズ 画用紙完成しました!水差しのガラス表現や水の光の反射など一見、難しそうに見えますが描いてみるとそれほどでもありません。むしろ初心者は果敢に挑戦して欲しいと思います。白いニャンコもガラスも水もグレーで表現します。光と影の関係をよく観察して観たままをそのまま表現すれば、いつの間にか、それらしく描けます。...続きを読む >

コップと水さし その5

コップと水さし 色鉛筆画 A4サイズ 画用紙コップ側は水さしと比べそれほど複雑ではないのでサクサクと描けます。このように上から下に紙を汚さないように描く事が色鉛筆画の基本です。もう一つの基本は薄い色で徐々に濃くしてゆく事も大切です。...続きを読む >

コップと水さし その4

コップと水さし 色鉛筆画 A4サイズ 画用紙複雑なモチーフは部分的にある程度仕上げてゆきます。学ぶべきことは◎コップや水さしのガラスの透明感の表現の仕方。◎水の複雑な光の表現。やっと水差し側が形になってきました。次回はコップ側です。...続きを読む >

コップと水さし その3

コップと水さし 色鉛筆画 A4サイズ 画用紙コップや水さしのグラスの透明感や陰影・水の複雑な反射など、複雑なモチーフは部分的に完成一歩手前まで仕上げてゆきます。そのためこのまま同じように継続して仕上げてゆきます。陰影や反射光を正確に仕上げたいので、実は立体感を出すのはとりあえず後回しにしています。...続きを読む >

コップと水さし その2

色鉛筆画  画用紙  A4サイズ複雑な陰影や水の光の反射など繊細なモチーフは今までの描き方と違い、部分的に仕上げてゆきます。色鉛筆画では紙を汚さないように上から下に描いてゆきます。利き腕が右ならば左上から右に、そして下に下ろして描いてゆきます。(鉛筆ほどではありませんが、やはり色鉛筆でも手が乗ると色移りして鮮やかさが損なわれるのです)...続きを読む >